@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「報酬があれば潜在意識が教えてくれる」:人間で初めて実証

行動分析学の権威バラス・F・スキナーは70年前、「潜在意識レベルでの学習」について、ラットやハトを用いて詳述した。同様の現象が、このほど人間でも初めて実証された。

意識的な認識を行なわないとされる動物でも、適切な報酬を与えれば、驚くほど複雑な行動を学習できることは、行動分析学の専門家によってずいぶん前から実証されてきた。フランスのパリにある神経画像研究センターの神経科学者MathiasPessiglione氏らのチームは、人間も、動物と同様の方法で学習できることを実証したのだ。

今回の研究は、人間の方が知覚の処理能力がはるかに優れているにもかかわらず、動物と同じような学習方法が見られることについて、神経生物学的な根拠まで提示した。

研究結果は『Neuron』誌に「「潜在意識レベルでの道具的条件付けを脳で実証」というタイトルのもとに発表された[道具的条件付け(オペラント条件付け)についてのウィキペディアの解説はこちら]。

実験は、条件付けにおいて意識的な推理を排除するよう、巧妙に設計された。被験者には500分の1秒足らずの間、1つのヒントが見せられた。視覚で意識するには短すぎる時間だ。(被験者にヒントを見せる時間を制限することで、脳の意識的な視覚システムが情報を処理できないようにしたわけだ。実際被験者は、実験後にヒントを見せられても、それを前に見ていることを思い出せなかった。)

それから被験者は、ボタンを押したら金銭的な報酬が発生するかどうかを「直感で」判断するよう求められた。

被験者たちは、63%の割合で正しいボタンを選ぶことができた。ただし、報酬を受け取れる場合に限ってだ。報酬がないときは、偶然による割合を上回ることはなかった。

心理学者などから成る研究チームは、磁気共鳴映像法(MRI)を利用し、潜在意識レベルの学習にかかわる部位も特定した。脳の原始的な部位である線条体だ。

被験者の脳をスキャンした結果、ヒントを短時間見せられても、脳の中央処理センターは動かないことが分かった。その代わりに動いたのが線条体で、機械的な学習アルゴリズムで問題を解決すると考えられている部位だ。

「線条体は、学習における重要性が非常に高い。その原始的な構造から判断すると、おそらく機械的な学習と関係していると見られる。この点にはほぼ全員、異論はないと思う」と言うのは、論文の執筆者に名を連ねている、ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの心理学者Chris Frith氏だ。

Pessiglione氏は、「私にとって、これは基本的な成果だ。潜在意識的なヒントとその結果のつながりを、脳が半意識的に学習できることはわかっている」と話す。「作業の種類によっては、線条体の方が、あなたよりも多くのことを知っているのだ」

ボストン大学の心理学者渡辺武郎氏は、今回の研究には参加していないが、この研究は、人は、[意識的には]見えないヒントを与えることで、知らないシステムを学習するよう訓練できることを明確に示していると語った。

「彼らは、見えないヒントに基づいた関連づけ学習の効果を実証した」と渡辺氏は言う。「彼らは非常に重要な成果を出したと思う」

今回の実験で得られた証拠は、線条体が脳の「本能的な直感」の中枢であることを示している。ただし、神経科学者のPessiglione氏は、これまでに行なってきた研究に基づけば、意思決定においては意識的な思考がきわめて重要な役割を果たしていることに変わりないという(結局、線条体の正解率は3分の2にすぎなかった)。

「ヒントと結果の関係に意識的に気が付くと、その現象を増幅させる」とPessiglione氏は説明する。「より良い選択をするようになる」

Pessiglione氏はまた、今回の研究結果を広告などの実用的なものに応用できるとは考えていないようだ。ただし、人間の営みの一定の状況下では、本能的な直感を信じることが理にかなうときもある。

線条体がもっとも真価を発揮するのは、報酬が大きい、単純な意思決定の場面だ。つまり、意識による観察では見逃してしまう情報を、潜在意識に働きかけるヒントが伝えてくれるような場面だ。例えば、ポーカーをしている最中の「ふとしたしぐさや気配」だ。

「ポーカーをしていると、(あのプレイヤーは)ブラフをしていると何かが教えてくれる瞬間がある」とPessiglione氏は言う。「賭け金を上げるべきだ、という直感が働くことがあるが、本人にもその理由はわからない。だが、金が手に入るという形で報われる。これは線条体に備わっている力のように思われる」

ポーカーが強い人がいるように、Pessiglione氏らの研究でも、直感を使って金を稼ぐことに秀でた被験者が何人かいた。人より勘がいいとか、Pessiglione氏がいうところの「特殊な力」があると信じている被験者は、実際に直感が優れていたという。

「これらの被験者は、自分に特殊な力があると確信していた」とPessiglione氏は言う。「こういう確信には、ある意味精神疾患的傾向があると言える」

Pessiglione氏はそうした事実から、自分には特殊な力があると思い込むことが多い統合失調症の人は、少なくとも1つは本当に力を持っているのではないかと考え始めた。それは高度な直感という力だ。

「統合失調症の人を調べたことはないが、もしかしたら普通の人よりこの点が優れているかもしれない」とPessiglione氏は語った。

[日本語版:ガリレオ-米井香織/合原弘子]

WIRED NEWS 原文(English)


こういう実験は実験設計がものを言うよな。この場合は、1/500秒という時間の絶妙性がキーだったと。つまり、1/500秒という時間は、意識的に捕捉することが不可能でありかつ潜在意識的に捕捉することは可能であるような時間幅であると。あるというか、結果的にそうであったというか。

最後のほうの、精神疾患と直観力を結びつける話は早急に過ぎる感がある。そりゃ、一部の精神疾患とは関連があるだろうけれど、そうじゃない精神疾患もたくさんある気がするし。
そもそも精神疾患という烙印は、それ自体が、社会的な風習に強く依存して捺されるか捺されないかが決まるわけで。

あと、とりあえず思ったのは、この被験者やってみてえってこと。実際にやってみれば、ここで検証されている感覚、直観的になにかを捕捉するとはどういう感覚なのかを実感として知ることができるように思うから。そしてその感覚を感じたときに、自分で、「あ、いま俺の線条体が学習しとる学習しとる学習しとるよウフフ」って思うことができるから。

思うにこれってだから、制御性の問題なんだよね。ブレインインターフェースだっけ、そういうのが数年前はやったじゃない。あれと同じで、結局、人間ってのは、あ、人間に限らないけど、その、なにをモニタリングできるかによってなにが操作できるかっていうのがつよく規定されている側面があるよね。

たとえばね、脳内のある部位で流れている神経伝達物質の流通量を、簡易にモニタリングできるとしたらさ、もしかしたらそれを制御できちゃうかもしれないわけ。意識的にね。だからそれは、なんどもなんどもやっているとスポーツがうまくなる原理と同じで、ほら、スポーツがうまくなるのも結局、なにがモニタリングできるかって話でしょ?
前に引用した森博嗣のブログの記事でもあったけど、ほら、誤差を感知できる力が「じょうずさ」の源泉になっているという主張。あれと同じなんよ。ぼくたちはほら、誤差を感知する力を伸ばすには、誤差を感知する精度をあげるには、ただ、ひたすら単調な訓練をつづければいいって思ってるでしょ。でもそれだけじゃないんだな。誤差を感知するために必要なモニタリング上の基盤が整備されてるかどうかってのも結構重要で、たとえば、視力が落ちると、視覚的に捕捉可能となる範囲の精度は、落ちるわな。でもそれはメガネによって補填することができる。メガネだけじゃないね。「ぼーえんきょー」や「けんびきょー」を使って、肉眼では捕捉できない範囲にある現象を、肉眼で捕捉できる範囲にある現象に落とす技術が完成することによって、ぼくたちは、「びせーぶつの存在」とか、いろいろなものを知るわけ。もちろんこの場合は、捕捉できるイコール操作できる、にはならないんだけれども、その、それはなんでかっていうと、操作できるためには操作できるための基盤が整備されていなくちゃいけなくて、少なくとも、「びせーぶつの存在」と言う場合には少なくとも、顕微鏡だけでは操作に困難をきたすわけ。超人的な指先感覚を持つ人間がピンセットでごちょごちょやったりしない限りは、ふつうはそうなわけ。
でね、なにが言いたかったというと、その、操作上の基盤は整ってるんだけれども(生物学的に整っているんだけれども)、モニタリング上の基盤が整っていないがために、これまで、ぼくたちが、意識的に訓練することによって操作の精度を上げることが不可能であったような領域が、そういう技術が誕生することによって、操作可能になると。すると、これまで潜在意識やと考えられていたものは、きっと、それ以後は、意識的なるものとして扱われるようにだんだんなっていく気がするんだな。
よくよく考えてみれば、ぼくたち日本に住んでる人間だって、ほんの数百年前までは「意識? え? なにそれ? 食えるの?」的な状態だったわけだし、意識なるものを見つめるということができちゃうだぜベイビーということすら、欧米人に教えてもらわなかったらたぶんまだまだ気づかなかったであろうということが予想されてしまうわけだし、そう考えると、意識的なるものと潜在意識的なるものとの選別っていったいなんだろうね?っていう話になっちゃう。
意識的なるものと潜在意識的なるものとの選別それ自体が意識的なるものによって支配or制御されているというこの事実はなにを意味するんだろう? 意識的なるものと潜在意識的なるものとの間を選別する境界線をどこに引くかというのを司っているのが、選別をつかさどる意識的なるものの役割であるのだよチミィという理解でオッケーなのかな。うむ。

とりあえず、いままで操作可能でなかったものが、操作可能になることそれ自体が、さまざまな分野におけるブレイクスルーを誘発する、ということは、言えそうな気がするなあ。


と、とりあえず思いついたことをメモしておく。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/99-8e168fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。