@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

等価機能主義の方法論的検討(仮題) - 尼克拉斯魯曼全百科
  • ごはん食べてきたのでちょっと中断したがまた再開。(0:20)
  • 第2節イントロ(10段落)まで。ルーマンデビュー論文等価機能主義を掲げたけど、その定式化は死ぬまで変わらなかったよ。その意義を理解するにはそれ以前の機能主義の構造と問題点を確認する必要があるよ。(0:57)
  • 第2.1節途中(15段落)。ルーマン以前の機能主義を機能的説明と一括。その論理と、内部の相違を明確にするために、方法、方法論、理論の三水準を導入。「機能を発見せよ」が方法。「機能を発見すると事象の説明になるよ」が方法論。「なぜ機能発見が説明になるか」が理論。(2:13)
  • 第2.1節完成(17段落)。機能的説明では、方法論の妥当性が理論の妥当性に依存する構造になっているため、理論上の破綻が方法論の破綻に直結する。(3:54)
  • ちょっと寝る。(4:35)
  • 起きた。再開。(9:46)
  • 第2.2節途中(20段落)。機能的説明は因果的説明じゃないよ。機能的説明には目的論による逆因果的説明と、存立要件理論による論理的説明の二種類があるよ。(10:26)
  • 第2.2節途中(22段落)。目的論ていうのは最終結果とそこに至る過程が決まっているとする理論であって、それが成り立つなら、結果から原因を説明する逆因果的な機能的説明が可能だが、自然科学の対象世界がそうなっているというのはちょっと考えにくい。ところが社会科学の場合は、行為者がある程度自由に目的設定できるので、あとはその実現に向けた合理性能力を仮定することができれば、最終結果とそこに至る過程が確定し、それゆえ目的の最適実現を機能として、被説明項である事象(行為=手段選択)を機能的に説明することが可能だよ。(ちょっと休みすぎた。)(15:46)

  • はい。


  • でもその議論は個人行動には仮に適用できたとしても、集合体にはまず適用できないよ。

  • え? 集合体ってのは2人から集合体だよね。一人だと適用できるけど二人だと適用できいないの? 「そんなのおかしいよ!」とまあ、内田樹氏なら言うだろうな。


  • 集合体が目的を設定してそれに向けて完全に統制された挙動をとるなんてことはありそうにないよ。

  • そんなことを言ったら個人だってそうだよ。個人だって、いつもいつも「完全に統制された挙動」を取るとは限らない。よく踏み外したりするでしょう。しない?


  • だから因果関係によって機能を定義するのであれば、原因→結果→元の原因という互酬的な因果関係を設定して通常の因果的説明を詳しく書いていくしかないけど、それはもう因果的説明でしかなくて、独自の意味を持った機能的説明とはいえないよ。

  • 目的論と因果論はブレンドすることはできないの? なんつーか、目的論が適用される人数範囲と因果論が適用される人数範囲のあいだの境界線ってのは、ピシッと引けるもんじゃなくて、ぼんやりとしているもののような気がするんだ。

    だったら、その「ぼんやりとしたもの」を扱えるような方法論ないし理論が必要になるんとちゃうのん?


  • 存立要件理論は、システムにはこれこれの存立要件があるよという理論命題と、いまシステムが存立しているよという事実命題から、要件充足的な事象の存在を論理的に説明するもの。ところが存立要件理論自体が自明な理論ではないし、本当は論理的に説明できるのは要件が充足されているということまでで、その事象が要件充足していなければならないということまではいえないという、機能的等価物の存在可能性に依拠した批判が致命傷を与えたよ。

  • ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

    大爆笑させていただきました(笑)

    >▽<b


  • 第2.2節完成(31段落)。機能的説明という方法論の説得力の弱さは、因果律という理論前提に比した場合に、目的論や存立要件理論といった理論前提が、はるかに弱い説得力しか持っていない(完成度が低い)ことに直接由来するよ。でもまあ、説明するという目標にとっては、機能にこだわる必要はなくて、因果的説明でいいじゃないか。じゃあ機能ってもういらないの? というわけで次からルーマンが登場することになる。(22:46)

  • つづきが気になる〆ですな(笑)

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/94-4f4dfd62
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。