@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ大学院(数学)への留学について
日本でもアメリカでも,試験に通ったり,単位を取ったり,博士論文を書いたりして,博士号を取ること自体はそれほど難しいことはありません.それ自体が特にすごいことであるかのように言うのは大げさだと思います.本当に難しいのはそのあと一生研究者として生きていくことの方でそのためには結局真の実力を身につけるしかないでしょう.

博士号を取ってから企業に就職したり、起業したり、要するに研究者以外の道を進もうとすると、白い目で見られがちなのは、(それは日本人の民度が低いから、というようなことだけではなく)こういう事実があることも関わっているからなのかなぁ。

構造としてさ、日本の英文学科出たくらいで、幼児のための英語教室とか地元で始めちゃってさ、無知な奥様方をカモるのと、博士号取った後、研究者世界以外の業界で博士号取得者であることをウリにして活動するのとさ、どう違うのか、説明つけられる?

ぼくはいままで、「幼児の英語教室」を始めちゃう方々のことを「なんだかなぁ…」と思っていたけれど、例えば、博士号取得後、サイエンスライターとして活動している竹内薫氏のことを「なんだかなぁ…」とは思わない。これは、どうしてだろう、と考えたときに、

100年後200年後を見据えた行動であるかどうか

ということがキモな気がしてきた。



Teaching Assistantですが,アメリカでは大学教員になるための教育実習のような役割もかねているので全員必ずある程度の期間やることになっています.

--- 略 ---

またアメリカで教員ポストを目指す場合は,この Teaching Evaluation の記録も重要になります.

にゃるほd。このへんが違うわけね。日本とアメリカとで。
日本だと、研究者採用は、完全に研究業績だけで評価されていて、教育実績と言ったものが評価されない。
こういう評価システムの違いが、日本とアメリカの研究業界の構造的違いの、大きな原因を担っているような気がする。

もしこれを変えたら、日本の大学はアメリカの大学みたいになるんだろうか?



また小規模大学の場合は,研究はどうでもよいから授業をちゃんとやって欲しいということもよくあります.この場合は,研究業績についてはまったく問われませんが,授業の能力の方は英語力も含めて非常にシビアに評価されます.


このあたりは、日本もアメリカも事情は同じ、ということか。
というか、「まったく」なんだ・・・。


上に少し書いたように,アメリカの学部の数学ではたいしたことはやりません.だから逆に言えば,日本でそれほど高度なことをやっていなくても大学院で一から勉強することが可能とも言えます.日本では一部の主要大学以外ではあまり授業も充実していない傾向があるので,その点アメリカの方が勉強しやすい面もあります.


ちょwww そんな×××なことをはっきりとwww

でも、さっきの、日本とアメリカの大学教員採用における評価システムの違いのところでも指摘したけど、
だから、自分の専門の周辺の領域を教える習慣がないまま来てるから、微生物学が専門なのに神経科学を教えなくちゃいけなくなったりだとか、民俗学が専門なのに記号論を教えなくちゃいけなくなったりとかして(←2つともほんとうにあった例)、授業の前日もしくは前年に勉強した知識だけで授業に臨み、結果として、「日本では一部の主要大学以外ではあまり授業も充実していない傾向がある」と言わしめているんだろうなあ…。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/77-2e1b0d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。