@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注)この記事は、oikaさんによるコメント「http://heis.blog101.fc2.com/blog-entry-59.html#comment81」への返信を兼ねています。


「投票率が低い」という現象は、政治に関する関心が低いということを示す大切な指標なわけですから、投票率だけ上げようとしても根本の解決には全くならないですよね。
政治への関心が低いことの原因を考える良い機会として利用すべきだと思います。



たぶん、


●現在、若者と年配者で投票率に大きく差がある。

●一方、理想は、これに差がない状態である。

●差をなくすには若者がもっと投票に行けばよい。→若者よ、投票に行こう!


という思考なんではないかと思います。


●若者の投票率があがるのを妨げている原因があって、それを除去すれば投票率はあがる、じゃあその原因はなんだろう?


というふうにはなぜ考えないのか。



例えば、ふだんきちんとご飯を食べてる子どもが、ある日急に食べなくなったとして、


●現在、子どもがあまりご飯を食べていない。

●一方、理想は、きちんと食べている状態である。

●理想に近づくには子どもがもっとご飯を食べればよい。→子どもよ、ご飯を食べよう!


と思考しますかね? 普通。


普通は、

●子どもがご飯を食べなくなった原因があって、それを除去すれば、これまで通りご飯をきちんと食べるようになるだろう

というふうに考えるもんじゃあ ありませんか?


この「若者よ、投票に行こう」的判断もそうですが、
官っぽい組織が下す判断の瑕疵には、一つの共通点があります。

それは、

・・・・・・

・・・是非考えてみてください(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/62-c029de7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。