@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教えることと学ぶこと
教えることと学ぶことは、一般に、表裏一体、あるいは対であると考えられているだろう。教えれば学ぶということである。基盤にある考え方は、「教える」ことによって「教えられる」という能動と受動の関係が成り立つというものだろう。しかるに、人にものを教えた経験のある人なら誰でも思い当たるのが、人は教えられても必ずしも学ばぶわけでないという事実である。教員なら、ほら、授業であんなに一生懸命に教えたのに、試験をしたら全然できていなかった、である。教員なら、ほら、授業であんなに一生懸命に教えたのに、試験をしたら全然できていなかった、である。ここでは「教える」と「教えられる」という態は、実質的に対となって機能していない。これは、教えることと学ぶことが全く異質の別物であるということを示すと考えられる。また、「一を聞いて十を知る」という言葉がある。聞いた内容は、きっと何らかの教えであろう。それで、ある言葉が存在するという事実そのものは、この言葉が示す内容が滅多にないからか、逆によくあることかのどちらかゆえだと思うが、この場合はおそらく前者であろう。私が言いたいのは、教えることと学ぶことは、同じ座標軸に存在しないという事実である。両者は異次元の営みであるということで、「教えれば学ぶ」という一般的な考え方は、真実から外れていると言うことである。

 昨今、教えることばかりが問題視されている。教員に対する研修などもそれである。この文脈で読み誤られると困るから書くが、この研修の目的が、教員に良い教授法やなんのかんのを学ばせることそのものが主眼であろうはずがない。(当たり前だけど。)上記の一般論を鑑み、教員がうまく教えられるようになれば生徒はよく学ぶようになると目論んだ手段として「研修」が位置づけられる。(教員は研修を受けても学ばない、といいたいのではないからね、念のため。まあ、そういうことがあるかもしれないけど、私が言いたいのは、教員に学ぶ能力がないなら、教員に学ぶ力をつけさせることそのものが目的だというのではないからね。ことの本質を誤解しないでね。)子供が学ばないのは、教え方が悪いせいである、先生が良い先生であるならば、子供はもっとよく学ぶはずである、ゆえに、教員に十分な研修をさせ、教えるのが上手な、とにかく、先生として良い先生を作れば、子供はよりよく学ぶだろう、という考えが根底にあっての研修である。目的は、あくまでも、子供をよく教えれば、子供はよく学ぶ、という考え方から、教員に目を向け、質の高い教員の養成を求めるのである。

ここまで書けば、もうおわかりいただけようが、良い教員を作れば子供はよく学ぶ、という考え方に全く欠けている概念がある。そう、「子供」という主体的存在である。子供が主体として、どのような存在であるのか、あるいはあるべきか、という見方がすっかり抜け落ちて、教員にのみ目が行っているのである。よく教えれば学ぶ、つまり、よく教えられる、という能動と受動の考え方は、言い換えると、子供とは全く主体性のない受動的な存在であるという認識が「教員の質を高めれば子供はよく学ぶ」という教育観の根底にあるのだ。

これって、ひどくない? だって、子供という存在の主体性を丸っきり無視してるのですよ。
端的に言って、子供を信用していないのである。ぱっと見には、それこそ子供を大切にした考え方に間違われそうだが---だって、子供の周りに「教えるのが上手な良い先生」を置こうとしているのだから---、一皮めくれば、子供の学ぶ力、学び取る力を信用してないからできることなのである。

(略)

生徒に必要なのは、良い先生ではないのである。必要なのは、生徒自身が学ぼうとする力なのだ。生徒には「学ぶ力」をつけさせるべきなのだ。先生に教える力をつけるよりも、生徒そのものに目を向けて「学ぶ力の育成」を図った方が、どれほど効果的な学習が出来るか分からない。(で、ついでに言うと、学ぶ力がある生徒集団を教えるには、教える力が必然的に要求され、独りでに、先生の方もちゃんとやるようになるものである。研修よりずっと効果的であろう。)それが、子供の人生にどれだけ役に立つ真の力になるかわからない。なぜなら、「学ぶ力」はいかなる環境をも選ばずに挑んでいける力だからである。人生は誰に対しても眼前に開かれている。出来るのは、そこにいかにして能動的に対処するか、つまり、自分で自分の人生を引き受けることができるかである。子供の人生は全くの未知である。未知に対処するのは、こういった能動的な力である。口を開けて人が何かを入れてくれるのを待っていたのでは、「何をやってもつまらない。もっとおもしろいことがあるのではないか。もっと自分に合ったものがあるのではないか」と、積極的に見えながら、実態的には「待ちの姿勢」でしかいられなくなるということになる。(「自分探し」も同じである。)
 子供の「学ぶ力」をバカにするのは、もう、止めたらどうだ? 「イマドキの子はこうしてやらないと、しないから」と言って、懇切丁寧にやればやるほど、彼らは何も出来ない人間に育つだろう。
   部は、重要な部分。
   部は、「よくある誤解」な部分(多分)。
   部は、読み取りに注意が必要な部分。

●「教える」ことによって「教えられる」
 → 教えようとして学ぶ者はほんとうに学ぶことができる。

●人は教えられても必ずしも学ぶわけではない。
 → 教師が企図するのと別の学習をしている可能性。先日のapj氏の言葉を借りれば、勉強中に邪魔するとどうなるか親に分からせようとして意地でも勉強しない子どもと、規則的に勉強する習慣を付けさせたい親の関係。こうなると互いに不幸。

●教えるのが上手な、とにかく、先生として良い先生を作れば、子供はよりよく学ぶだろう
 → 「教えるのが上手」という言葉の意味を、「子ども自らが、誰かに教えるということを念頭に置いて学ぶようにし向ける教師は教えるのが上手」という風に理解するならOK。一方、「うまいもんを口に放り込んでくれるのが教えるのが上手な先生」という風に理解するとまずい。

■「教えてもらう」は受動的、「教える」は能動的。そして、「教えるつもりで学ぶ」は能動的。

■ほり先生の言う「教える」っていうのは、子どもを受動的な存在(主体性のない存在)にとどめおく、ということを指しているようだ。
それは、教える側と教えられる側の立場の厳然たる違いを子どもの側に悟らせようとする営みであって(※)、こういうことをしていると子どもはいつまで経っても自立できないし、教える側に回ることができない。「ゆくゆくは自らも教える側に回るのだ」ということを想像しながら学んでいる子どもは成長するだろう。逆に、そうでない子どもは(以下略

※誤解があるといけないから言っておくと、これは別に、子どもと教師の立場の境目が曖昧化することを良しとするものではない。
 教師=はなから教える側の立場、子ども=教えるつもりで学ぶことによって、教える側に回ろうとする立場、なわけだし。
コメント
この記事へのコメント
記事を読んで下さってどうもありがとうございました。

私の書き方が多少悪かったせいでもありましょうが、heisanさんの解釈には、大きな誤解があると存じます。
基本的に、「教えるつもりで学ぶ者==>本当に学ぶ者」では決してありませんから、以下も全て誤解です。
「教えようとして学ぶ者はほんとうに学ぶことができる。」ではありません。
「「教えるのが上手」という言葉の意味を、「子ども自らが、誰かに教えるということを念頭に置いて学ぶようにし向ける教師は教えるのが上手」という風に理解するならOK。」ではありません。
2009/01/04(日) 12:57 | URL | ほり #7MoNi1YM[ 編集]
2009/01/04(日) 18:31 | URL | heisan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/54-6fe5834b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
注1)以下の<本文>の内容は、ブログheis.blog101.fc2.comになされた次のコメントへの返信を兼ねています。 http://heis.blog101.fc2.com/blog-entry-54.html#comme...
2009/01/04(日) | heis.blog101.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。