@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「過保護」は死語? より
そう言えば、近頃「過保護」という言葉を聞かない。どこに行ったのだろう?

 親が車で送りに来る。学校近くでそっと降ろすならまだしも、堂々と校内に乗り込んでくる。子供は怪我をしているわけでもない。昔だったら、「自分で行け」だっただろう。遅刻しそうだ、可哀想だ、という思惑が働く。車があるのに、親も手が空いているのに送ってやらないなんて、親としての努めを果たしてないのではないのかと言うことなのかもしれない。それで、「わあ、お母さん、ありがとう、さすが。」と子供に有り難がれたら、とっても嬉しいお母さん♪ 「私の出番だったわ」とか。「これで親子の絆が強くなるわ」とか。ひょっとして親が寝過ごした、で、送る、なんてことになってるのかもしれないけど。

 クーラーが入る学校が増えた。近年の猛暑で確かに暑い。各家庭にはクーラーがある。子供の部屋もクーラー付きだろう。「快適」が当たり前の状態で、かつての「過保護」が「普通」になったのだろう。

 「わかりやすく」も同様だと思う。授業が分からないときは「先生の教え方が悪い。」 授業が早いと「もっとゆっくりやってくれ」とおっしゃる。「もっと予習をしなければならない。もっと自分が頑張らないといけない」と思うより先に、「先生~」と曰う。「先生」の方は、多勢に無勢で、「そうか。もっとわかりやすく楽しく授業をしなければ」と思う。それで、どんどん親切になる。もっとわかるように、もっと生徒が簡単に効率良くできるようにという親心溢れる「プリント」が溢れる。「これだけやっておけば万全」プリントである。生徒は、「それしかしない」ことになる。それで、一人でノートを作ることすら出来ない。出来ないから、「先生、プリントください」と言う悪循環である。こんなに頑張ってるのに、長期的に見ると、生徒はできるようにならない。「なんで?」と思う。しかし、免罪符がある。「生徒のためにこんなにたくさんのプリントを作ってわかりやすく、丁寧な授業を行ったこと」である。「生徒も感謝しているではないか」である。

 「今の子は、懇切丁寧に見てやらないとできないんだよ」ということで、いつまでたっても手本が目の前にあって、手取り足取り教えてもらえなければ何も出来ない、自分では何も創意工夫できない、実のところは、「自分では何に出来ないと思い込まされた症候群」に罹患した子供が量産されている。

 こんなの、一昔?までだったら、「そんなの過保護だろう」の一言で白い目で見られただけじゃないのか。

間違ったことは言っていない。
ただ、それで何がいいたいのか。
「だから昔は良かった」と言いたいのであれば、ありがちな老人の回想だろう。
「昭和30年代の様子を描いた『三丁目の夕日』において、いいところばかりが選択的に回想されているとの批判」さながら、その他の事情が変わっているということを抜きにして、一部分だけを取り上げて、「昔は良かった」とぼやいてみたところで意味はないだろう(本人の自己満足としての意味以外は)。


その他の事情というのは、附属池田小での事件、連日の積極的な誘拐に関する報道、未曾有の猛暑、以前と比べて主婦(夫)たちが暇になった、などが挙げられるだろう。

町全体が昔より快適になっていて、学校(とくに公立校)だけが取り残されているというのは事実だ。
ブログ「学校教育を考える」のところの記事「時代の変化に遅れよ」じゃないが、まさに時代の変化に遅れている。
ことほぐべきことだ(笑)。

「時代の変化に遅れよ」は「時代の変化に取り残されよ」とは違うと思う。
「取り残される」は、以前と全く変化がないわけだが、「遅れる」は、遅れてはいるが一応付いていっているのである。

もちろん、公立校は、遅れたくて遅れているわけじゃないだろう。
おそらくは、金が降りてこないから遅れざるをえないのである。
あ、この辺りは、いちどちゃんと検討する必要がありそうだ。
公立校に金を降ろさない積極的な理由ができあがってしまうことは、必ずしも公立校を幸福に導かないだろうから。
こんなの、一昔?までだったら、「そんなの過保護だろう」の一言で白い目で見られただけじゃないのか。

単に日常生活が快適になったことだけが理由ではないかもしれない。
これは程度問題だ。
ほんとうに過保護とは対極の方向に突っ走れば、戦前の軍隊みたいになるわけだろう。
もちろん、それがイイという人もいる。
だが、それがイヤだという人もいる。
さて、どうしようか。
多数決で決めようか。
え? 多数決じゃダメだって? なぜ? 子どもは快を求めるから、子どもの多くはイヤだと言うに決まってるじゃんかって? 決まってないと思うよ。みずから鍛錬を望む禁欲的な子どももいるだろうしね。
え? それでもやっぱり多数決はダメだって? なぜ? 日本人は日和見主義・迎合主義だから、幻想としての空気が採決を支配しちゃって、結局、正当に民意が反映されない結果を生んじゃいそうだから。
じゃあどうする?
「話し合い」で決める?
「話し合い」って何?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/32-1ad19d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。