@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そこまで来たかコミュニケーション より

①注射が上手で(要は、医療技術などの専門性、確実性に優れている)、笑顔がステキな(コミュニケーション能力が高い)看護師さん
②注射は下手だが、笑顔がステキな看護師さん
③注射は上手だが無愛想な看護師さん
④注射も下手で、無愛想な看護師さん
常識的には、①、③、②、④の順になると思う。
ところが、驚いたことに、今年は、②を選ぶ生徒が私の予想外にいたのである。
これは何を意味するのであろうか?


以上が問題提起である。

ときには、「この先生になら、この先生だから、私の命を預けよう」と思うことがあろう。これに大きく関わるのは、「先生の人柄」である。技術だけに人は自分の命を預けない。これも「人と人の関係」である。


たとえば、認定医の証明書は、当該医がすぐれた技術を持っていることを保証してくれるけれども、その技術を、患者にとって最も利益があるように行使してくれるかどうかまでは保証してくれない。
それは、あくまで医者の良心に委ねられているのである。

この意味で言えば、「技術だけに自分の命を預けない」のは当たり前であって、なんら不思議はない。
もし、技術だけに自分の命を預けるのだとしたら、掛かり付けの医者が心ない医者だった場合、例えば、リスクの高い療法の実験台にされてしまうかもしれない。
(患者の同意がなければできないとか、そういう問題じゃない。抜け道はいくらでもある。)
或いは、たくさんの患者を診すぎて疲れていたために、たまたま自分(患者)の番が来たときに、医者のやつが手を抜きやがったらどうか。
「この程度でいいよな。」という気持ちで、診られていたとしたら、どうか。

結局はそういうことなのだ。
医師免許証は技術の性能を担保するが、その行使が適切になされるかどうかまでは担保しない。
それを担保するのはあくまで、たとえば人柄、といったものでしかない。

 私が考え得る答えはこうなった。
 「コミュニケーション能力によって築き上げられた人間関係は、専門性の欠如による失敗をも凌ぐ大きな力を持っている。」

 たぶん、そのように「コミュニケーション能力」が、その他のあらゆる人間の能力の最上位にくると考える人間が出てきていると言うことではないか。


要は、患者のことを考えない医者が昔より増えているような実感を皆さんがお持ちになっているから、「患者のことを考える医者」の価値が上がっているだけのことだ。
器用だが何を考えているのかよく分からない医者よりも、不器用でも、患者である私のために懸命に尽くそうとしてくれる愚直な医者のほうが、重宝される。③より②を選ぶ生徒が一定数いたということは、たとえばそういうことだろう。

仮に、村に一人しかいない幼なじみの医者が、不器用だけれども患者のために尽くしてくれる医者Aであり、隣の隣の隣の村の医者が、高い技術を持っているけれども何をたくらんでいるか分からない医者Bだったとして、かつ自分が死にかけだとしよう。
どちらに命を託したいか。
たとえばそういうことなのだ。

「不器用な医者Aは、1/2の確率で注射に失敗する。器用な医者Bは1/5の確率でしか注射に失敗しない。けれど、医者Bは1/100の確率で、故意に薬液ではなく毒液を注射する。」ということが経験的に知られているときに、どちらに診てもらいたいかということだ。
たとえばそういうことなのだ。

医者が、患者のことを第一に考えてくれるかどうかを担保するのは、紙切れではなく人柄である。
もっとも、詐欺師の一部はその人柄をすら利用するので、それは当てにできない、という声もあろうかと思うが、患者は、人柄よりも良く医者の技術の用法を担保するものを知らないので、普通は、人柄に頼るよりほかないのである。

・・・さて、私も人の子なので「余計な一言」を言おう。
何が言いたかったかって? 時代が豊かになると、つまり「物量」と言う「絶対性」が満たされる時代においては、「コミュニケーション」と言う「相対的な人間関係」が重きをなしてくるのであると言うこと。

この意味不明な一文は、「絶対性」「相対的な人間関係」という2つの用語を省くことによって驚くほど意味明瞭な一文に変貌する。すなわち、

時代が豊かになり、物量がものを言う時代においては、コミュニケーションが重きをなしてくるのであるということ。

補足すると、物量がものを言う時代においては、匿名性の高い取引が可能となるが、このことは、取引主体が互いに疑心暗鬼になる可能性をもまた増大させる。
疑心暗鬼性の高い取引の市場においては、それを除去する機能が価値が帯びる。
その機能をに担うものこそがコミュニケーションである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/17-f456659d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。