@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「法と教育は、実は相容れない」(タイトル変更、しかも追「々」記有り) コメント欄より
また、第二次世界大戦は、「場の空気」で決まったそうで。そこにいた人は、本心では誰も戦争なんてしたくなかったそうな。
その点、「王様は裸だ」と叫ぶ「子供」がいないのは、困ったことですよ。その子供には、ある意味「一貫性」があったのです。だから、言えた。
そうか。
御前会議に子どもが出席していたら、いやな戦争は避けられたかもしれなかったわけだ。
早く切り上げたい戦争は早く切り上げられたかもしれなかったわけだ。
なるほど。

王制では「道化」が、「裸の王様」における「子供」の役割を与えられていました。彼らだけは面と向かって王を笑いものにすることを許されていた。それは王自身に気付きをもたらします。
ほら、やっぱり。
いちばん現実味があるのは皇族のお子様、になるのかなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/16-1e0901de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。