@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://blog.goo.ne.jp/kkhrpen/e/ef5c1ff69ecdc5b89d238240dfdeb30b
> (私はUPしたあとで、かなり書き換えることがあるから、ぱっと読んですぐに反応しないでね。意図したことでないように反応されると、気分がよろしくないです。)

「ちゃんと」読んでますよ。「ぱっと」なんて読んでませんよ。

それくらいの誠実さは心得ているつもりですよ。

「ぱっと読んですぐに反応」しがちなのはどちらなのでしょうね。

ほんとに。


すぐに反応するな、っていうんなら、じゃあ、いまからなら反応していいよ、っていう合図でもあるのでしょうか?

あるわけないよね。


そ・れ・か・ら。

作者が意図しないように解釈される可能性ってのは、ウェブのようなところでものを書いている限りこれは必然的に起こることで、読者に書くなと言うほうが間違ってると思うんですよね。

現にわたしは、「そういう作者の気持ちをおもんぱかって」、作者のところでは書かず、自分のブログでねちねち書いているわけで。

誹謗中傷とかならそりゃダメでしょうが、単に「意見」を書いているだけなのに、「それはむかつくから書くな」っていうのは、なんか違うと思うんですよね。



どういったらいいだろう。

そうだな。

気分がよろしくないのは分かるけど、じゃあ、僕も言わせてもらうよ、アンタにそうやって僕が何か書くのを牽制されること自体が、ぼくは「気分がよろしくない」。

さて、じゃあ、このときにですね、どちらの気分がより優先的に保護されるべきなのでしょうか。

あなたは以前に言いました。私が、言論の自由くらい保障してほしいです、と言ったら、じゃあ別にここに書かなくてもいいでしょ、別のところで書けばいいでしょ、と。だから私は、こうやって、「自分のブログ」に、好き勝手なことを書いているわけです。

あなたのお教えにしたがったのに、まだ不満があると?

もう、どうしていいか分からないですね。正直。

「氏の不満をなんとかして解消させてあげよう」と思うこと自体が間違っているんじゃないかという気がしてきますよホントに。



そう。そこなんだよな。「不満の原因が自分にある」と思えるようにならない限り、いつまで経ってもこの手のグダグダな遣り取りは終わらないんだ。

他者は他者、自分は自分、って思えてないからそういうことになるんじゃないかな。


いい加減そのへんのケジメは、つけられるようになってもらいたいなあ。



もう一度言うよ。ぼくは別に誹謗中傷とかをしてるわけじゃない。単に「意見」を書いているだけだ。

その意見が、元ネタ作者からは「ちゃんと読解されてない」というふうに映ることも、そりゃああるだろう。

でもそんなこと気にしてたら文章なんて書けないよ。


なんというか、「叩かれる経験が少ないがゆえの不満感」な気はする。

氏には、もっともっとぼく以外の人からも叩かれて、たくましく成長してほしいなと、個人的には思う。


追記:

あ、そうそう。

意図しない仕方でentryを書かれるのが嫌なんだったら、それこそ、madographosさんなどがやられているように、「ウェブ上では議論はしない」という方針を最初から明確にババーンと打ち出しておくべきだと思うんだな。

あと、内田先生もかな。「私は論争ということをしない。」と前におっしゃってたよね。


議論したいのか、したくないのか、そこをまずははっきりさせておくべきじゃないのかな。

「議論しない」という方針なら、自分の書いた記事を引用して議論しているような奴らは「放置」でよろしい。

現に内田先生はそうされていると思う。

だから内田先生は、自分がどんなにウェブ上で批判されようとも、それによって気分を害されるようなことがまったくない。

「アンカテ」ブログのessaさん風に言えば、「打たれ強さ2.0」ということだ。


「議論しない」という方針を打ち出しておきながら、自分の書いた記事が誤解的に引用されているのを見て黙っていられないのだとしたら、そもそもそういう方針を打ち出すこと自体が自分には無理だったのだというふうに、あきらめるしかない。

どっちかだと思うよ。

議論するのかしないのか。議論したいのか議論したくないのか。
コメント
この記事へのコメント
「気分を害した」ことなど理由になるわけありません。
結局自分は言いたいことを言うが、反論(特に言い負かされそうな)はされたくないということでしょう。
2009/04/18(土) 03:44 | URL | Psyche #QnynE5qE[ 編集]
> 結局自分は言いたいことを言うが、反論(特に言い負かされそうな)はされたくないということでしょう。

というより、教師としてのアイデンティティが脅かされる、ということなのでしょうね。

基本的には当人は、これは日陰での「愚痴」に過ぎない、という認識ですから。

一般には愚痴とは、発展性のないものを言います。

発展性を求める人と、求めない人が対話すると、いつか破綻します。


発展性のない愚痴、つまり、ひがみっぽい愚痴は、本人のひがみ傾向の反映でしょう。

個人的には、「すぐひがんじゃう人」を「なかなかひがまない人」に変えるにはどうしたらいいか、ということに関心がありますが。

「ひがんじゃう人」が多い世の中よりも、「なかなかひがまない人」が多い世の中のほうが何十倍もいい世の中だと思いますからね。

2009/04/19(日) 06:13 | URL | heis101(管理人) #QyEQ/AbM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/138-2d140b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。