@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ「なぜ人を殺してはいけないのか?」と問うてはいけないのか? -「で、みちアキはどうするの?」

「“倫理規範を疑ってはいけない”という倫理規範が存在する」という事実。それは何を意味するのか?「現代の日本社会においては、“なぜ人を殺してはいけないのか?”という問いを発する行為自体が、端的に悪と見なされうる」ということです。

倫理規範、というのは、こういったものを考えています。

  • 人を殺してはいけない
  • 自殺をしてはいけない
  • 物を盗んではいけない
  • 嘘をついてはいけない

このようなものの他に、次のものがあったのだ、というわけです。

  • これらの倫理規範の成立根拠に疑いを抱いてはいけない

なぜ、最後のこれが倫理規範たり得るのか?それは、当然ですけれど倫理というものは社会を維持・安定・発展させるために存在するものであり(「なぜ人を殺してはいけないのか?」という質問に対する回答の多くは「社会が維持できないから」だった)、それを犯すものは悪と見なされるからです。ゆえに、「現に社会を成立せしめている倫理規範に疑いを持つ」という行為そのものも、社会基盤を揺るがしかねない行為と見なされ、社会に害を為す振る舞いと受け取られてしまうのです。特に、現代の日本のような均質で安定した社会なら、その構成員の大多数が同じような倫理観を共有しているものと想像され、だから倫理を疑うことに対する反発も多いし強いのだろうと考えられます。(そして、この「規範を疑うな」という規範は、社会がどう変わろうとも永久不変である)


「なんで人を殺しちゃいけないのか説明してください」と言った高校生について、はあちゅうさんは次のように語られていました


世の中には説明の要ることと要らないことがあって

その質問は後者のカテゴりーに属するでしょ。


ここで、わたしは「この問いが“説明の要らないこと”のカテゴりーに属する、という考え」を「思考停止の結果」だと考えていたのですが、そうではなかったのです。思考を「停止」するのであるなら、はあちゅうさんには「思考を続ける」という選択もある。しかし、ここでははあちゅうさんには続けるほうの選択権はないのです。なぜなら、「倫理の内側」にいるものにとっては、自分たちを護ってくれている倫理規範を疑うことは端的に悪であるから、悪であるとわかっている側を意志的に選択することはできないのです。(また、選択肢自体が初めから見えない人もいると思われます)

このことは、ショックです。あたりまえですが、いまの日本社会が安定して存在している、という現実がある以上、「倫理の内側」にいる人が社会の大多数を占めているはずです。そういう人たちに対しては、「なぜ人を殺してはいけないのか?」という話題を持ち出すことですら、タブーであり、不必要なことであり、悪いことと見なされているらしいのです(たしかに、そういうことを聞くといきなり怒り出す大人は、存在する)。単なる思考実験としてでさえ、倫理規範に疑いを持つことは許されないようなのです。これは、「倫理の内側」にいる人(倫理の内側から出られない人)と、「倫理の外側」にいる人(倫理の外側に視点を持つことができる人)では、倫理的問題に関するコミュニケーションが成立し得ない、ということを意味します。

つまり、わたしがいままで、「倫理の内側」にいる人たちに対して、なんでこんな簡単な話が通じないのかなぁ、もっとよく考えてみて欲しいなぁ、などと思っていたのは、全部無駄なことであった、ということになります。原理的に最初から通じないはずのものであったわけです(しかもそのうえ、そういう人が大多数。そして、今後も、そういう話をするたびに突っ掛かられる可能性がある)。


例えるなら、鳥か。わたしが空を飛んでいて、ここからならいろいろなものがみえるよ、と地上に語りかける。しかし地上をよくよく見てみれば、そこにいたのはそもそも羽根のない生き物ばかりであった、ということ(ululunさんの場合は、いちど飛んでみて、やっぱり地上の方がいいかも知れないなぁ、と戻った感じ。それは、憲法9条国民投票で選び直すのと同じように、意義のあることだと考えます)。または、壁か。外側からは、内側の世界の人はどうして壁を越えることができないのか?と思ってしまう。しかし、内側から見れば壁は壁でも洞窟の壁のようなもので、壁の向こう側なんてものはない。穴の中が世界の全てである、ということでしょう。


……というあたりまでが、今日気づいたことです。ある人にはこんなこと当然で、ある人にはそもそも何を言っているのか理解できないでしょうね。わたしは今後は「なぜ人を殺してはいけないのか?」よりちょっと先へ進んで、今日語ったあたりのことをいろいろ考えてみたいと思います。(なぜ「倫理規範を疑ってはいけない」という暗黙のルールに今まで気づけなかったのか?とか)


あのー、よろしいですか、順番に攻略していきますよ。

> 「“倫理規範を疑ってはいけない”という倫理規範が存在する」
> これらの倫理規範の成立根拠に疑いを抱いてはいけない

まずこの2つですけれども、疑ってはいけない、ということは、あろうはずがない、んですね。でも、一般的、通俗的な処方としては、疑ってはいけないというふうに指導することが、奏功する場合が確率的に高いから、そういうふうに言われることが多いというだけのことであってね、これは、そういう仮定を据え置かないままいきなり成り立つ命題であるということでは、ないわけです。

わかりにくいですかね、もう少し分かりやすく言うと、「なぜ○○してはいけないのか?」という問いを発する人間の企図が、「○○しても良いのではないか?俺は○○したいのに…」というような命題を正当化することに照準されている場合は、さきほど申し上げた通俗的な処方が奏功するんですが、まれにそうではない場合、その照準の宛先が、純粋に倫理学上の命題に当てられている場合、この場合はですね、通俗的な処方をもって処することは、頓珍漢以外の何者でもないわけです。

ですから、僕たちが、子ども若しくは同僚、いや別に家族でも先輩でも後輩でも良いんですが、そういう人たちが掛かる問いかけを成してきたときに、まずは量るべきなのは、「相手の企図がそのどっちに照準されているか」ということに、勘ぐりを入れる、ということになるんではないでしょうかね。


> 「現に社会を成立せしめている倫理規範に疑いを持つ」という行為そのものも、社会基盤を揺るがしかねない行為と見なされ、社会に害を為す振る舞いと受け取られてしまう
> 「倫理の内側」にいるものにとっては、自分たちを護ってくれている倫理規範を疑うことは端的に悪

前半はいいんですよ。問題は後者です。既存の倫理規範に疑いを持つ行為が、社会基盤を揺るがしかねない行為であることは、これは疑いがない。ただし、その次、それが有害であるかどうかは、検討の余地がある。
社会基盤が揺るがされた結果、社会基盤が、より私たち全員にとって都合の良いものに変化するか、それとも、都合の悪いものに変化するか、このどちらであるかは、揺るがしかねない行為であることそれ自体から演繹的に決定することができないわけです。
もうちょっとざっくり言うと、既存の倫理規範を疑わないことは、ローリスクローリターンで、疑うことは、ハイリスクハイリターンなんですね。


> 世の中には説明の要ることと要らないことがあって

こういうふうに説明する大人は、非常に多いです。というのは、多くの大人は、自分たちが従っている倫理規範の成立妥当性・正当性について論理的な説明を与えることができないから。もしくはそういうことを教わったためしがないから。もしくはそういうことを自分で疑ってみたためしがないから。「疑うと絶対に不幸になる」とハナから決めてかかれるほどにおめでたい人たちだから。そして、極めつけは、そういうことを知らなくてもそれなりに生きていけるし、そういうふうに考えたほうが精神的にラクだから。思考リソースを節約できるという意味においてね。

そして、「そういうふうに説明したほうが、いい場合のほうがはるかに多い」ということも、一つには噛んでるでしょうね。問いかけの企図が明らかに自らの矮小な欲望を叶えることに照準されていることが見え見えなのにもかかわらず、そういう相手に対して、倫理学的な回答をして差し上げても、あまり効果はないわけです。たいていの場合は、あたまごなしに怒鳴るほうが奏功する、という経験則があるわけです。それに、多くの大人は、多くの、数世代前の大人は、倫理学的な回答を論理的に納得したうえで倫理規範にしたがっているのではなくて、多くは、いけないことをしたときに親父などにあたまごなしに怒鳴られるという経験を通じて、規範を身体化してきているわけで、そういう意味ではね、自分が受けた指導しか相手にはできない、というような人が多数派である、というようなことがあっても、文句は言えないというか、彼らに責任があるとは言いがたいでしょうな。


要は、「ルールにしたがうだけの人たち」と、「ルールと言っても結局はいつの時代かのどこかしらの人間がつくりだしたものに決まっているんだから、そしてその人間は絶対に完璧・完全ではないのだから、そういう人間がつくりだしたルールにも絶対にどこか不備はあるもんなのだから、とうぜん、俺たちがそのルールを書き換えたとしても別に良いよな、と考える人たち」の違いというか。
倫理規範にはいろいろあって、いまは「殺人への忌避」が引き合いに出されてますけど、これが例えば、「天皇制を続けるかどうか」とかになってくるとまた話は変わってくるわけで、

外部におわす制度的な継続性に対する検討行為と、自らの毎日の行動の継続性に対する検討行為とは、一応は分けて考えるべきで、いまはとりあえずはさしあたっては後者のことについてだけ考えている、ということでおわすわけですね。



追記:

自己つっこみ。

> ルールと言っても結局はいつの時代かのどこかしらの人間がつくりだしたものに決まっているんだから、そしてその人間は絶対に完璧・完全ではないのだから、そういう人間がつくりだしたルールにも絶対にどこか不備はあるもんなのだから、とうぜん、俺たちがそのルールを書き換えたとしても別に良いよな

先人の智慧は集合知的な淘汰圧にさらされて生き残ってきたということがあるので、その部分は割り引いて評価しないといけないよね。そのことを付記し忘れてた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/120-2b556473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。