@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曖昧な笑み - 堕落と虚無と文体練習
僕には知的障害の妹がいる。精神薄弱、自閉症と呼ばれる類の。

僕はこの話を人に話すとき、笑い話とか冗談を織り交ぜていうのだが、大抵の人は曖昧な笑みを浮かべ、時には怒り出す人さえいる。僕が欲しいのは怒りじゃない。僕が欲しいのは曖昧な笑みじゃない。

ただ普通に笑ってくれれば、それでいいのに。

そうそう、そうなんですよ。まったくその通りでございます。


妹が養護学校に通ってた頃、僕はフリーターで事務の仕事をしていた。

事務の仕事をしているとき、職場の先輩が「兄弟はいるの?」と聴いてきた。

僕は「兄と妹一人ずつ。僕が真ん中です。」と答えた。すると先輩は「妹いくつ?」と聴いてきたので、「 17歳です。」と答えると、先輩は「おー、女子高校生!!いいな」と満面の笑みを浮かべた。

僕はそのあとの先輩の女子高校生をネタにした話にずっと付き合って聴いてた。僕は自分の妹が養護学校に行ってる事も言えず、ただ曖昧な笑いを浮かべて話題が終わるのを待つだけだった。ただ曖昧な笑みを浮かべて。

なんでそこで曖昧な笑みを浮かべちゃうんですか!

おかしいでしょ?! 曖昧な笑みを浮かべてほしくないことを相手に対して要求しておきながら、自分は曖昧な笑みをついつい浮かべてしまうっていうのは。

あ、そうか、理想と現実が乖離してるってことか。正しいことを知っている人が、それを実践できるかどうかはまた別だ、みたいな話と同じ話なのかもね。

それでね、「なんで、この人は曖昧な笑みを浮かべちゃうのか」についてなんだけれどもね、たぶんそれは、
「先輩が自分の妹と対面したら、先輩が頭の中で想定している女子高生像と、妹の実際の姿とのギャップに、唖然とするというか、そこでマイナスの印象を、たぶん先輩自身は抱いてしまうであろうという予期が、自分の内側に生じたから」
というのが、一番自然かつ論理的な説明になるんではないかと思うんですね。

でね、じゃあどうすればいいのか、ってところですけれども、どうでしょう。

「自分の妹はあなたが想像しているような、平均的な女子高生像とは全然違う女子高生なんです。具体的に言っちゃうと、知的障碍児なんです。」
というふうに言えばよかったのかというと、それはそれで、なにか違う気がしますよね。

問題の一つはなにかっていうと、記号レベルでしか物事を論じていない、ってところなんですね。だから、生身の人間の実際の姿およびその具体的な行動ないしはその一挙手一投足がないがしろにされている、といったところがあるんです。


でね、じゃあ、先輩とちょっとした雑談をするときにね、「記号レベルの話を超えた何かを意思伝達しあうことができるのか」っていうと、それもまた、現実的ではない気がいたしますね。

そこまで踏み込んで話すほどのことでもない。いま当事者たちがしたいのは、女子高生について話したいのではなくて、女子高生について話したいというのが第一の目的であるというのではなくて、それは副次的な効果に過ぎないわけですね。そこでの第一の目的は、互いに談笑しあうことそれ自体なわけです。もうちょっと別の表現をしますと、「笑うことを目的とした会話」なわけです(嗤う、ではありませんよ。念のため)。


結局、結論としてはね、さっき自分で書いたことを引用するけれども、

「先輩が自分の妹と対面したら、先輩が頭の中で想定している女子高生像と、妹の実際の姿とのギャップに、唖然とするというか、そこでマイナスの印象を、たぶん先輩自身は抱いてしまうであろうという予期が、自分の内側に生じたから」

ここがポイントですよ。マイナスの印象を相手は抱くであろうという予期。これがいけない。そういう予期が自分のなかで成立してしまうということ自体が、自分の妹に対する偏見・蔑視でなくてなんであろうか。
なぜ、「世間一般的に成立してそうな予期」をそのまま「自分の中に発生する予期」として受け入れてしまうのか。私にはそこが理解できない。
むしろ、「なんでマイナスの印象をいだくの? そんなのおかしいじゃん。」と、自然と言える。そういうふうに、やっていかないと、いつまで経っても、偏見の根本はなくならないと思いますよ。

コメント
この記事へのコメント
どうもです。曖昧な笑みを浮かべてしまったのはもうだいぶ前の事です。そして「マイナスの印象を、たぶん先輩自身は抱いてしまうであろうという予期」というのが自分の内側に成立してしまったのは過去の経験(他人の態度など)からです。

今は曖昧な笑みを浮かべる様な事ありませんよ。

私の気持ちを論理的に説明していただきまして、どうもありがとうございました。
2009/03/13(金) 11:24 | URL | s_shisui #-[ 編集]
閲覧&コメントありがとうございます。

> 今は曖昧な笑みを浮かべる様な事ありませんよ。

それは良かったです(^^)
2009/03/13(金) 18:47 | URL | heis101(管理人) #QyEQ/AbM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/116-d4f0996e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。