@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


isologue - by 磯崎哲也事務所:「漢検」で思った、公益法人の利益についての素朴な疑問

連日、日本漢字能力検定協会への文部科学省の実地検査の報道が行われていて思ったんですが。

もちろん、仮に、資金の余剰が出ているのをいいことに理事が高額の報酬を得たり、獲得した資金を理事の関連会社に資金を流していたりしたとしたら、それがいいことでないのは言うまでもありません。
しかし、「公益法人としては認められない巨額の利益を上げ」「文科省は『毎年の利益水準が大きすぎる』とみており」などと報道されているように、日本の公益法人は、活動にかかる費用を上回る利益があるのはダメ、というノリになっているわけです。

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律
(公益認定の基準)
第五条  
六  その行う公益目的事業について、当該公益目的事業に係る収入がその実施に要する適正な費用を償う額を超えないと見込まれるものであること。

でも、「あるべき公益法人の姿」は、本当にそれでいいんでしょうか?


たとえば、ノーベル平和賞も取ったアムネスティ・インターナショナル(AmnestyInternational)の2007年の総収入は、35百万ポンド(約48億円)、「Net movement infunds」は5.8百万ポンド(約8億円)にもなります。
http://www.amnesty.org/en/who-we-are/accountability/financial-reports

別のNGO、Human Rights Watchの2007年の総収入は、42百万$(約38億円)、「Change innet assets」は19.7百万$(約18億円)です。
http://www.hrw.org/sites/default/files/related_material/finStmt2007.pdf

「利益」の額の絶対的な大きさが問題なのだとしたら、こうしたNGOは日本では認められないことにもなるような気もしますが、どうなんでしょうか。

確かに、こうした10億円単位のお金は、決して小さい金額とは言えませんが、そうはいっても、営利企業の水準からすると、「ちょっとしっかりした中堅企業クラスの利益」でしかありません。
公益法人を取り巻く環境がいつも安定してたり、資金に困ったときは必ず寄付が集まるというなら問題ないですが、そんなはずあるわけないわけで、「ゴーイングコンサーン」として活動し、活動規模を大きくしていくためには、それなりの資金を保持し、拡大していく必要があるはずです。

日本の公益法人に対する国(法律)またはマスコミの考え方というのは、

  • 人間は利己的に決まってるんだから、「社会のために」とか言ってるやつは基本的に怪しい。それを使って裏で儲けたりとか、節税したりとか、どうせロクなことを考えてないはず。だから、そうした活動は極力、縛るべきだ。
  • このため、民間にまかせると必ず失敗する。(「漢検」←ほれ見たことか!)「いいことをする」のは、本来、国の独占にすべきであり、公益法人が「いいことをする」のは、例外的なケースに限られるべきだ。公益法人が国の領分を奪うのはけしからん。
  • 公益法人は「お上品な」ものである。あまりアクティブに活動するのは適切ではない。
  • 何が「いいこと」かなんて、人それぞれに考えが違うものだから、民間の法人に勝手に決めてもらっては困る。(「公益法人のタガを緩めて、シーシェパードみたいな輩が日本でもどんどん出て来ちゃったらどうする。」)

・・・・といった発想が、背後にあったりするんじゃないでしょうか。

マスコミでの報道は「公益法人が『利益』を出すことがそもそもけしからん」という論調な気がします
しかし、もし数億円「利益」が出ただけで「けしからん」ということだとすると、公益法人はいつもカツカツで活動していかないといけないし、成長もしていけない。やりがいが無い上にいつ潰れるかもわからず生活の不安もあるとなると、いい人材も集まらない。
日本では、前述のNGOのような「世界的規模のいいこと」をするのは困難だ、ということになっちゃいます。

昨年12月に公益法人制度改革3法が施行されたんですが、改革後も前述の認定法第5条6項のような条項が残っているというのは、あんまり公益法人に積極的に活動してほしいようには見えませんね。

(積極的に活動してほしいなら、「営利を目的としないものであること。」だけでいいような気がします。
特定非営利活動促進法の方には、ざっと見たところ、こうした収支均衡の条件が見当たらないように見えますが、寄附金控除等の特例の適用の認定を受ける場合は、そうしたことが求められるんでしょうか?)


同意。

なんと言いますか、公益法人とかNPOとかってのは、非営利なんだけど、利益を出すのが目的じゃない、ってのと、利益を出してはいけない、ってのが混同されてる節があるわけで。
だから、NPOに対する誤解その1は決まって「え? NPOなのに金取るの?」なわけで、依然としてこれが変わる気配がない。

日本では、カツカツで活動するのが美徳って意識があるんだよな。だから、たまに予想外の儲けが出たとしても、それをあからさまに言えないというか、少なくとも大きな声でいっちゃうと世間の顰蹙を買うとか、そういったことがある。だからデカくなれないといったところもある。



あと、ぼくが思うのはね、「せっかく、世間の皆さんは、漢検協会に対してお金を払うことにやぶさかではないという態度を示してくださっているのだから、じゃんじゃん儲けて、その金で新しいことをやってもらいたい」ということなんだな。

たとえば、「公益法人が一定以上利益を出した場合はその利益を国に奉納すること」というような規定が仮にあったとして(←これはこれでヒドいけど)、その場合、国は、漢検を通して増税に成功してるってことになる。この増税分は、国はべつに、そういう方法で徴収しなければならないという縛りは必ずしもないわけで、それこそタバコ税や酒税のように、検定料そのものに対して税を掛けても全然不思議ではないわけです。というか、お国の方、これやったら? いま検定ブームなんだから、検定税掛けようよ。それで税収うpできるなら儲けもんじゃない? 検定料って言っても、たかだか数千円でしょ? 1検定10万円とかならボリすぎだと思うけれど、数千円なら「まあそんなもんかな」って思うじゃん。

漢検という市場から捻出される過当な利益の、その使途の決定権を誰に持たせるべきかという議論は当然あって然るべきだと思うけれども、とりあえず、不況などに萎縮して将来に不安になって、なかなか金を払う気になってくれない皆様がたが、ことに検定となるとこうも簡単に財布のひもをゆるめてくださるのだから、そしてそれ自体にご本人も満足なさっているのだから、これを活用しない手はないと思うんですが、いかがでしょうかね(^^;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/103-8373e5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。