@heis.blog101.fc2.com

分かり合えなくてもいいんだ。なぜ分かり合えないかが分かりさえすれば…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/172/index4.html
定額給付金が批判されるべきだとすれば、それはバラマキという側面ではなく、あまりに規模が小さいということだ。

 1人当たり1万2000円の給付で、ここまで萎縮した国民の気分が切り替わることはないだろう。世帯平均で4万円に満たない金額では、普段の生活費に紛れてしまって、大きなものを消費しようという気にならない。

 わたしが言い続けてきたのは、最低1人あたり10万円の給付である。4人家族で40万円あれば、大型家電や車を買い替える人も出てくるだろう。何より、いまの閉塞感を打破することが可能になる。

 財源はある。たとえば、霞が関のいわゆる埋蔵金だ。外為特会(外国為替資金特別会計)こそ減少してはいるが、それでも財務省所管以外の特別会計に手をつければ30~40兆円やそこらはすぐに出てくる。1人10万円の給付なら必要な予算は12兆円なので、十分に足りる。

 特別会計というのは、事業遂行のために用意されている金だから、必ず余裕をもたせているものだ。財源は、そうした「隠し金」を絞り出させてもいいし、前回述べた政府紙幣によってまかなうことも可能だ。

 確かに、そういうことをすれば財政は悪化してしまうが、今はそんなことを言っている場合ではない。100年に一度の金融危機だと総理自らが述べているではないか。むしろ、何もしないでいれば、景気はさらに失速して税収が下落し、もっと財政が悪化してしまうのだ。


定額給付金が減税だという主張は分かる。でもさ、それってまわりくどい減税だよね。税金の還付にかかるコスト金の移動にかかるコストということも少しは考えてもらいたい。
井戸から汲んできた水を、わざわざ人的資源、エネルギー資源をつぎ込んでA地点からB地点まで運んだものをやで、還付やから返すわって、またB地点からA地点にまで戻す。そんなことをするくらいなら、来年一年は税金取りませんってやったほうがよっぽど低コストだ。

あと、埋蔵金の話だけど、
先日某所で、国が科学研究につぎ込んでる金の多さは、日本はアメリカに次いで二位なのに、研究成果的には二位じゃない理由として、試薬の高さが海外に比べてアホほど高いということが挙げられるという話を聞いてもっともな話だと思ったんだ。
で、その理由が、海外の試薬を日本で買うためには日本での販売権を取得しなくちゃいけなくて、その取得には小売店が絡んでて、毎日、研究室のラボに「こんちは、今日はなにかご注文はないすか?」と聴きにくる人たちがいてて、そこを介さないと買えない仕組みになっている(海外にはそういう人たちはいなくて、試薬室というのが完備されてる)、そこを介さないで海外から直接買おうとしても、研究費の使途的な制約からそれができないがために、わざわざ2倍も3倍もの値段のする試薬を、日本の小売店から買わなければいけないという愚がひそんでいるという話だったんですね。
ぼくはこれを聞いて「はっはーん」と思いましたよ。
日本の財政から研究費を降ろしている人たちは、つぎ込む資金の多さが研究成果にストレートに、欧米ほど高効率に反映しないことよりも、機械でもできるルーチンワークをさせる人たちを不当に高い賃金で雇用し続けることのほうを、優先する人たちなんだなって。
早い話が、仕事をした気になっているだけで、実際には仕事になんか全然なっていないことをいまだに続けている人たちがあっちにもこっちにもいて、しかもそれがいいと思っている人たちが多すぎるということでしょ、これって。

実際になされた仕事に対して給与を支払うのではなくて、仕事をした気になっている人たちに、その気持ちに見合う分だけの給与を支払うということを、やってのけてるということでしょ、これって。

べつに僕は成果主義を導入せよって言ってるわけじゃないですよ。ぼくは日本には成果主義はなじまないと思うし、だからこそ、生活保障主義というか、「生活保障給としての給与」という考え方にそろそろ切り替えたほうがよろしいのではないかって言ってるんだけれども、今回の話はそれとは違うんや。

これは成果主義じゃない。気分成果主義(エセ成果主義)だ。

もっぺん言うよ。
実際になされた仕事の多寡に応じて給与の多寡が決まるのが成果主義。
これに対して、「俺は仕事をしているんだ」という、仕事をした気分の多寡に応じて給与の多寡が決まるのが、気分成果主義だ。

いいですか、気分成果主義は、仕事をしてない人間に給与を払ってるのと同じなんですよ。こんなことをするくらいなら、生活保障主義に切り替えたほうが全然マシです。そして、基本給はみんな同じにして、オーバーアチーブしまくって勝手に稼いでくる奴はどんどん稼いだらいい、アンダーアチーブしまくって全然稼がない奴もそれでいい。もちろん、アチーブ度が稼げる度に比例するというわけではないけれども、だれがどの程度アチーブしているかを客観的に測定しなければいけない必要性から解放されるということ自体が、私たちにとっての、とっても重要な意味なんだ。

埋蔵金を発掘したければ、まず、日本のあちらこちらにひそむ気分成果主義を撲滅することから始めるのがよろしいんではないでしょうか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heis.blog101.fc2.com/tb.php/102-dbc1f29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。